とうきのしずく 使い方
とうきのしずく使い方は意外とシンプルで簡単ですよ!

  • 正しい使い方
  • 効果的な使い方
  • 注意点

をまとめてみました。

正しく効果的に使って美肌を目指しましょう!

【とうきのしずく】の正しい使い方

一番初めに使うこと

とうきのしずくは、使う順番がキーポイントです。
一般的にある美容液は、化粧水の後や乳液の前に使用しますが、とうきのしずくは、この順番ではありません。

洗顔後、何もつけていないお肌にとうきのしずくを使います。

以下は、正しい使い方と順番です。

    1. まず、洗顔をします。
    2. とうきのしずくを手のひらに乗せて、人肌に温めてからつけます。
    3. 優しくお肌全体に馴染ませたら、手のひらを使ってソフトにハンドプレスします。パンパンと激しくパッティングするのは絶対『NG』です。
    4. 特に気になる目元、口元の部分には1~2滴ほど追加して重ねづけをします。
    5. とうきのしずくをつけたら、化粧水、お肌の状態に合わせて乳液やクリームをつけるなどいつものスキンケアをします。

【とうきのしずく】の効果的な使い方

ポイントとして、

必ず『洗顔後、何もつけていないお肌にとうきのしずくを使うこと!』

洗顔後につけることで、最初に美容液を浸透させて、その後の化粧水で美容液の成分を閉じ込めてしまうのです。
浸透力が増している状態なので、その後の化粧水も浸透しやすくなります。

また、お風呂上がりの後、真っ先にとうきのしずくを使うことで、入浴中にうるおったお肌の状態をキープして、さらに乾燥を防ぐことができますよ。

顎からこめかみに向けて、少しずつ指をつかって毛穴へプッシュする

押し込むことで、たるんだ毛穴に効果的です。

指で肌をきつくひっぱるような塗り方は絶対に『NG』です!
やさしくプッシュしてくださいね。

順番を守らなかったら、どうなるの?

とうきのしずくの使い方のキーポイント

『洗顔後、何もつけていないお肌にとうきのしずくを使うこと』ということを守らず、化粧水をつけた後に使った場合は、期待する効果を感じられない可能性があります。

効果が感じられないという人は実は、化粧水の後に使っていることが多く見受けられます。

なぜ、効果を感じることができないのか?

理由は、化粧水を先につけることでお肌にバリア機能を満たしてしまうので、その後にとうきのしずくを使っても有効成分を発揮することが出来なくなってしまうためです。

効果を感じるためにも、必ず順番には気をつけましょうね。

とうきのしずくの注意点

とうきのしずくはとてもデリケートな美容液なので保存料が入っていないため変質する可能性があります。
開封後は出来るだけ冷蔵庫で保管するようにしましょう。

(使用期間内であれば、必ず冷蔵庫で保管しなくても大丈夫です!)

ちなみに、使用期限は未開封で1年、開封後冷蔵庫の保管で半年以内です。
毎日朝晩使って30mlで約1ヶ月分の用量なので、普通に使っていたら使いきれる範囲です。
その辺は安心ですね。

まとめ

とうきのしずくは、洗顔後、何もつけていないお肌に使うことが大切です。

順番を間違うと美容液の有効成分を効果的に発揮することが難しいので、順番を守りましょうね。